熊本地震救援通信 第2報

2016年04月28日

JEA加盟教団・教会、諸団体の皆様

 

4月14日の熊本地震発生から二週間が経ち、ライフラインや交通機関の復旧が進みつつありますが、未だに余震が続く中、益城町をはじめとして避難所での不自由な生活を余儀なくされている人々が多くあることを覚えます。
熊本ではいち早く熊本教役者会を中心にした支援活動が始まり、さらに九州全体の教会ネットワークによる「九州キリスト災害支援センター」(日本イエス・キリスト教団油山シャロームチャペル内、代表:横田法路師)が4月18日に立ち上げられ、教会による支援の働きがスタートしています。(詳細はJEAウェブサイトhttp://jeanet.org/をご覧ください。)
JEAとしては、既に援助協力委員会が支援のために動き出していますが、4月25日のJEA理事会において「熊本地震対策室」設置を決議し、援助協力委員会の働きをサポートすることとしました。

13043629_1085507624828336_7331054277465119576_n

JEA加盟支援団体関係者と九州キリスト災害支援センター熊本支部ディレクターの中村陽志師

 

1.支援金募集

JEAの支援理念は「教会から教会へ」そして「教会を通しての支援」です。JEA加盟の諸教会から集められた支援金は、被災地域の教会の救援・復興とそれらの教会を通して行われる地域への働きのために使わせていただきます。
支援金の主なつかいみちは以下のようなものを予定しています。

(1)被災した教会(JEA加盟教会を中心に)へのお見舞い金
(2)被災した教会の建物被害などの回復支援
(3)被災地域の教会、とくに地域教会ネットワークによる被災者支援の働きのため
(4)諸支援団体(JEA加盟のWVJ、JIFH、救世軍、クラッシュジャパン)と被災地域教会の連携を助ける支援

<支援金の送金方法>
《郵便振替》00190-5-7790 (JEA)日本福音同盟援助協力委員会
通信欄に「熊本地震救援」と明記してください。なお、領収書は原則として送金の際の払込受領書をもって代えさせていただきますので、ご了解ください。

教団、教会、団体それぞれにすでに支援の働きが始められ、支援金も送られていることかと存じますが、上記の支援の理念をご理解いただき、ご協力いただけますよう、よろしくお願いいたします。

 

2.ボランティアによる支援

九州キリスト災害支援センター(https://www.facebook.com/kumamotoshien/)熊本支部がボランティア受付を行っています。詳しくは上記ウェブサイト、または添付のボランティア募集要項、申込書をご覧ください。ゴールデンウィーク後も継続的な支援を必要としていますので、それぞれの教会、団体で計画を立てていただければ感謝です。

【問い合わせ】

ボランティア関係=熊本支部 電話:096-354-8855、E-mail: kcdrcvolunteer@gmail.com

それ以外=本部(油山シャローム内) 電話:092-873-6235(担当:小林、9時~18時、火曜休)

2016年4月28日
日本福音同盟(JEA)熊本地震対策室
中台孝雄(JEA理事長)、松本順(JEA援助協力委員長)
大井満(JEA副理事長・援助協力担当理事)、川原﨑晃(JEA財務担当理事)、品川謙一(JEA総主事)

★熊本地震に関する情報は、JEAウェブサイト(http://jeanet.org/)に掲載していますのでご活用ください。

 

熊本地震救援通信_第2報(PDF版)

ボランティア申込フォーム / Volunteer Application Form

ボランティア活動参加申込書 Volunteer-Activity-Participation-Contractual-Application (PDF版)

 

Facebooktwittergoogle_pluslinkedinmail